湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

基本情報

湯島天神の学問の神様、菅原道真公はどんな神様?縁日はいつ?

投稿日:2017年5月29日 更新日:

拝殿

こんにちは、ウメジローです!
今回は、湯島天神の神さま菅原道真(すがわらのみちざね)についてご説明します。

湯島天神といえば、学問の神さまで有名な菅原道真公がまつられた神社ですが、なぜ菅原道真公が天神さまと呼ばれるようになったか知っていますか?

菅原道真公がどんな神さまなのか、学問の神さまとなった由来をご紹介します。

スポンサーリンク
  

湯島天神と学問の神様

現代では、学問の神様とは菅原道真公(こう:貴人への敬称)のことを意味します。
天満宮・天神・天神社と名前がついている神社は、全て菅原道真公をまつる神社です。
菅原道真公を信仰することを、天神信仰といいます。

湯島天神はもともと、天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)をまつる神社として458年(古墳時代)に建てられました。
天之手力雄命については、こちら

1355年(室町時代)、地域の人々のお願いによって、菅原道真公も一緒にまつることになりました。

それからは、湯島天神のご祭神(ごさいしん:神さまのこと)は、天之手力雄命と菅原道真公です。

湯島天神の菅原道真公はどんな神さま?

菅原道真公は、人神(ひとがみ:人が亡くなった後に神さまとしてまつる信仰のこと)です。
つまり、過去に実在した人で、のちに神さまになったということです。

菅原道真公は、平安時代の貴族で、学者や政治家として活躍しました。

小さい頃から和歌や漢詩をよみ、文学に才能のある人でした。
たいへん誠実で忠誠心の強い政治家でしたが、政権争いに巻き込まれ、道真公の力を恐れた人達によって、左遷(させん:地位をおとすこと)させられてしまいました。

道真公は、左遷先の九州太宰府にて亡くなります。
道真公が亡くなったあと、京都では地震、彗星、落雷、干ばつ、洪水、病気など、ありとあらゆる災いが、立て続けに起こりました。
とくに、道真公を左遷に追いやった人達が、落雷でなくなるという事件が続き、人々は道真公のたたりではないかと恐れました。

雷の現象となって現れることから、雷神と道真公が結びつき、天神さまと呼ばれるようになります
道真公のたたりを鎮めようと、京都の北野天満宮と九州の太宰府天満宮が立てられました。

スポンサーリンク

道真公は左遷させた貴族たちからは怨霊として恐れられましたが、生前の道真公が彼らを恨み呪っていたわけではありません。

道真公は「未だかつて邪は正に勝たず(邪なことはどんなことがあっても、結局正義には勝てない)」という有名な言葉をのこしていて、正々堂々とした態度を示しています。

左遷させた貴族たちは、そうとう後ろめたいことをしたのでしょうね…(・_・;)

天神さまは、たたりに怯える貴族たちとは対照的に、一般農民たちには雨をもたらす恵みの神さまとして人気があり敬われました。

今でも、道真公の功績と正直で誠実な人柄から、天神さまは文学や学問の神、慈悲のある神として、全国的に広まり崇拝されています。

湯島天神の縁日はいつ?

天神さまの縁日は、毎月25日です。
毎月25日には、月次祭(つきなみさい)という祭典が行われています。

湯島天神では、例大祭(一年で一番大切な祭典)が、5月25日に行われます。
湯島天神の例大祭については、こちら

道真公は845年6月25日に生まれ、903年2月25日に亡くなっています。
ともに25日だったため、毎月25日が縁日となったとされています。

湯島天神の神さま菅原道真公のまとめ

菅原道真公について、まとめます↓

  • 湯島天神に合祀(ごうし:合わせてまつる)された神さま
  • 平安時代に活躍した実在の人物だった神さま
  • 一部の人からは怨霊と恐れられた
  • 生前の文学の才能と誠実な人柄から、学問の神、誠心の神として信仰を集めている
  • 縁日は毎月25日

天神さまは正直で堂々とした人でしたから、一生懸命素直にお願いすれば、応援してくれるに違いありません。
湯島天神にお参りのときは、誠実な気持ちでお祈りしてくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-基本情報
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

天三火伏三社稲荷社

稲荷神社の狐がくわえているものと玉鍵信仰。湯島天神天三火伏三社稲荷社

こんにちは、ウメジローです! 今回は、稲荷神社の狐のくわえているものについてご説明します。 稲荷神社に行くと、必ずといっていいほど狐の像を見かけます。 狐の像は、口に何かをくわえています。何をくわえて…

続きを読む

おみくじ

おみくじは結ぶor持ち帰る?結ぶべき場所と持ち帰り後の扱い方

こんにちは、ウメジローです! 今回は、おみくじを引いた後のことについてご説明します。 神社にお参りで、多くの人がもらうおみくじ。 手軽にもらえるのがおみくじの魅力ですが、もらった後のおみくじはどうして…

続きを読む

おみくじ

湯島天神でおみくじをひく!種類と順番は?おみくじのある場所は?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神のおみくじについてご説明します。 神社にお参りに行ったら欲しくなるのが、おみくじ。 これからの自分の運勢は、どうしても気になりますよね。 湯島天神でもらう…

続きを読む

ご利益

健康にまつわるご利益がある神社湯島天神。健康祈願と病気平癒と安産

こんにちは、ウメジローです! 4話連続で、湯島天神のご利益についてご紹介します。 4回目は、健康にまつわる祈願についてです。 「病気のおじいちゃんが良くなるように、神社にお願いに行きたい」 「初めて赤…

続きを読む

駐車場

湯島天神駐車場と周辺の時間貸駐車場。料金は?初詣はどこにとめる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神近くのおすすめ駐車場についてご紹介します。 江戸情緒あふれる、都心の湯島天神。 家族そろってのお参りなら、車で行きたいと考えることもあるでしょう。 実は湯…

続きを読む