湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

基本情報

おみくじは結ぶor持ち帰る?結ぶべき場所と持ち帰り後の扱い方

投稿日:

おみくじ

こんにちは、ウメジローです!
今回は、おみくじを引いた後のことについてご説明します。

神社にお参りで、多くの人がもらうおみくじ。
手軽にもらえるのがおみくじの魅力ですが、もらった後のおみくじはどうしていますか?

境内にたくさんのおみくじが結んである場所を見たことがありますよね。
でも、持ち帰っている人もいますよね。

おみくじをひいたら、どうするべきなのでしょう?
おみくじの起源から、現在のマナーまで、おみくじの取り扱いについてご説明します。

スポンサーリンク
  

おみくじを結ぶ意味と持ち帰る意味

おみくじは、神さまの意思をうかがうために使われるくじです。

古くから、神さまの決めたことは公平と考えられていて、話し合いでは折り合いがつかない内容を決めるときに、おみくじを使って決めていました。

鎌倉時代には、田んぼの水をひく順番を決めたり、畑や漁場の割り当てを決めたりするときに、おみくじが使われていました。
室町時代では、将軍を決めるときにも、おみくじで決めたという記録が残っています。

現在のように、個人の未来を神さまにうかがうようになったのは、江戸時代の頃からです。

基本的に、ひいたおみくじは、神社で結んでもいいし、持って帰ってもいいとされています。
神社によっては、結ぶことを禁止していたり、結ぶことを推奨していたり、対応はさまざまですが、湯島天神ではどちらでも大丈夫です。

おみくじを結ぶのも、持ち帰るのも、それぞれに意味があります↓

結ぶ意味

  • 良い結果が出たとき:神さまと良い縁を結ぶため
  • 悪い結果が出たとき:悪い結果を持ち帰らないため

持ち帰る意味

  • 良い結果でも悪い結果でも、おみくじは神さまの意見。
  • 良い結果ならお守として、悪い結果なら教訓として、ときどき読み返すため

おみくじは吉凶の良し悪しに意味があるのではなく、書かれている内容を今後の生活に役立てることに意味があります

おみくじを読んで「よし、わかった!」と思ったのなら結んで、「忘れないようにしよう!」と思ったら持ち帰ればいいのではないでしょうか(*’▽’)

スポンサーリンク

おみくじを結ぶ場所

もし、おみくじを神社に結んでいこうと思ったら。

昔からの風習としては、神社の境内の木の枝などに結んだとされています。
木には精霊や神が宿ると考えられていたからです。

しかし現在では、結ばれたおみくじが木の成長を妨げてしまうので、木に結ぶことを禁止している神社が増えています。
そのような神社には、おみくじを結ぶための場所が必ず用意されているので、決められた場所に結んでください

湯島天神では、本殿を正面にして、すぐ左側の木の周りにあります。

悪い結果が出たおみくじは、利き手ではないほうの手だけで結ぶと、良い結果に変わるという説もあります。かなり難しいですよ~(;´・ω・)

おみくじを持ち帰った後の扱い方

もし、おみくじを持って帰ろうと思ったら。

持ち帰ったおみくじは、粗末にせず、大切に扱いましょう

お財布や手帳に入れていつでも読み返せるようにしたり、神棚において気が向いたときに読み直したりするのもいいですね。
ふと読み返したときに、思いがけない気づきがあるかもしれません!

もう十分お世話になったと思ったら、神社にお返しします
神社の境内に結んでもいいですし、お札やお守りを返す納所に返してもいいです。

時間を作って神社に行くことができないのならば、初詣など次に神社に行ったときに返しましょう。
おみくじをもらった神社が遠くて行けないのならば、別の神社に返しても大丈夫です。

もらった後のおみくじまとめ

ひいた後のおみくじについて、まとめます↓

  • おみくじは神社で結んでも持って帰っても、どちらでもいい
  • 結ぶのならば、決められた場所へ結ぼう
  • 持って帰るのならば、大切に扱い、お役目が終ったら神社へ返そう

おみくじの結果がよければ、「この調子でがんばろう!」と、さらにやる気が出ますし、結果が悪ければ、「注意しなきゃ…」と、慎重になりますよね。

これからの未来をより良くするために、神さまからのメッセージを上手に活用してくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-基本情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金運

金運にご利益のある神社は湯島天神?勝負にまつわる神さまと宝くじ

こんにちは、ウメジローです! 4話連続で、湯島天神のご利益についてご紹介します。 3回目は、金運についてです。 「もっとお金が欲しいなぁ…」給料明細を見てため息をついていたりしませんか? 金運を上げた…

続きを読む

アクセス

湯島天神へのアクセス電車とバスでの行き方。最寄り駅とバス停の地図

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神への公共交通機関(電車やバス)を使ったアクセス方法についてご紹介します。 学問の神様で有名な、東京の湯島天神。 地元の人はもちろん、遠方からもたくさんの人…

続きを読む

笹塚稲荷神社

稲荷神社の神様とご利益は?湯島天神境内にある笹塚稲荷神社について

こんにちは、ウメジローです! 今回は、稲荷神社についてご説明します。 全国各地にたくさんある稲荷神社。 きつねがいることでも知られていますよね。 稲荷神社の神様と、そのご利益を知っていますか? 湯島天…

続きを読む

撫で牛

病気平癒にご利益の撫で牛がある神社とお寺。湯島天神の撫で牛は?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、撫で牛についてご紹介します。 神社の境内やお寺の敷地内で、牛の像を見たことがありますか? この牛の像は、撫で牛といって、病気平癒にご利益があるとされています。 な…

続きを読む

お守り 返す

お守りやお札を返すタイミングはいつ?返納方法と湯島天神の場合

こんにちは、ウメジローです! 今回は、お守りやお札の返し方について、ご説明します。 「受験に無事合格した!合格祈願でもらったお守りは、どうしたらいいの?」 「お祓いでもらったお札は、1年後に同じ神社に…

続きを読む