湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

基本情報

稲荷神社の狐がくわえているものと玉鍵信仰。湯島天神天三火伏三社稲荷社

投稿日:2017年6月4日 更新日:

天三火伏三社稲荷社

こんにちは、ウメジローです!
今回は、稲荷神社の狐のくわえているものについてご説明します。

稲荷神社に行くと、必ずといっていいほど狐の像を見かけます。
狐の像は、口に何かをくわえています。何をくわえているのか知っていますか?

また、湯島天神の境内にも、天三火伏三社稲荷社があります。
ここの狐の像はどうでしょう?

狐の像のくわえているものの意味と、それにまつわる信仰についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

稲荷神社の狐の像がくわえているもの

稲荷神社の神さまのお使い、きつね。
稲荷神社の神さまについては、こちら

神社のいたるところに、きつねの像が置かれています。
中でもひときわ目を引くのが、社殿の両側にある、狛犬のような一対のきつねの像。狛狐ともいわれます。

一般的な狛犬は、守るべきお社に背を向けていて、向かって右側の像は口を開いていて、左側の像は口を閉じています。
開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)といいます。
息がぴったり合うことを、阿吽の呼吸といいますね(‘ω’)

それに比べて、狛狐の多くは何かを口にくわえています。
像によって形は多少変わりますが、くわえているものは4種類あります。

きつねの像がくわえているものと意味

  • 稲穂…五穀豊穣の象徴
  • 巻物…知恵の象徴
  • 玉……神さまの霊徳の象徴、宝珠、米倉
  • 鍵……霊徳を身につけようとする願望の象徴、米倉の鍵

稲荷神社の神さまは、稲などの穀物や食物をつかさどる神さまですから、きつねがくわえているものも、神さまのご利益に関係するものなのですね。

京都の伏見稲荷大社では、くわえているものがモチーフになったお守りが、4種類授与されています。すっごく凝った作りでかわいいですよ~(´艸`*)

稲荷神社と玉鍵信仰と火伏のご利益

きつねの像がくわえている4種で、圧倒的に多いのが、玉と鍵の組み合わせです。
向かって右側が鍵、左側が玉です。

この組み合わせにまつわる玉鍵信仰と火伏(ひぶせ:火災を防ぐこと)について、ご紹介しますね。

玉鍵信仰

稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社には、玉鍵信仰という教えがあります↓

玉は稲荷神の霊徳(れいとく:すぐれた品性)の象徴、鍵は稲荷神の霊徳を身につけようとする願望である。

玉と鍵は、陽と陰、天と地を示している。
万物(ばんぶつ:すべてのもの)は、この二つの働きによって、生成し化育(かいく:自然が万物を生じ育てること)する理(ことわり:物事の筋道)をあらわしている。

稲荷の神さまは、食物の神さま。食物を得ることから発展して、すべての物の循環を説いています。壮大な教えです。
食べられること、生きられることに、感謝の気持ちがわいてきますね。

火伏のご利益

稲荷神社は、鍛冶(かじ:金属をたたいて製品を作ること)職人や染め物業者など、火に関わる職業の人たちに、防火・防災の神としてあがめられていました。

火事が多かった江戸時代、稲荷神社は、商売繁盛のご利益はもちろん、火伏祈願のために、個人や商店の屋敷神(やしきがみ:特定の土地を守る神)として、たくさんまつられました。

打ち上げ花火が上がると「たまや〜」「かぎや〜」というかけ声がありますよね。

この玉屋と鍵屋は、江戸の花火屋さんの屋号(やごう:商店や歌舞伎などの家の呼び名)です。
火を扱う花火屋さんが、お稲荷さんを信仰していたことから付けた名前なのです。

スポンサーリンク

湯島天神の天三火伏三社稲荷社

湯島天神には天三火伏三社稲荷社があります。
表の鳥居から入って左側、絵馬堂(今は休憩所w)の左隣に、すごくひっそりとあります!

「天三」とは、天神町三丁目のことで、現在の湯島三丁目のことです。
お神輿をかつぐ町会名としても残っています。
お神輿と町会については、こちら

このお社は、板倉邸の屋敷神としてまつられていたとのこと。
江戸時代、湯島三丁目辺りは、備中庭瀬藩主板倉邸の上屋敷(諸国の大名が江戸に設けたお屋敷)がありました。
庭瀬藩邸については、こちら

天三火伏三社稲荷社のきつねの像は、腰つきが滑らかな、ほっそりとしたきつねです。
向かって右側が鍵、左側が玉!
玉鍵信仰にのっとった、スタンダードな火伏の組み合わせです♪

狐がくわえているもののまとめ

稲荷神社の狐がくわえているものについて、まとめます↓

  • くわえているものは4種類。稲穂・巻物・玉・鍵
  • 稲荷神社には玉鍵信仰がある
  • 火伏は稲荷神社のご利益の1つ
  • 湯島天神には天三火伏三社稲荷社

くわえているものに秘められた意味と、壮大な玉鍵信仰。稲荷の神さまの教えは、とても奥が深いです。

湯島天神にお参りのときは、天三火伏三社稲荷社もぜひお参りくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-基本情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お酒 奉納

神社にお酒をお供えする意味は?奉納する種類や本数とのしの書き方

こんにちは、ウメジローです! 今回は、神社へのお酒の奉納について、ご説明します。 神社に行ってお祓いを受けたりするとわかるのですが、本殿の中にお酒がお供えされています。 個人の名前が書かれたのし紙や、…

続きを読む

拝殿

湯島天神の学問の神様、菅原道真公はどんな神様?縁日はいつ?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の神さま菅原道真(すがわらのみちざね)についてご説明します。 湯島天神といえば、学問の神さまで有名な菅原道真公がまつられた神社ですが、なぜ菅原道真公が天神…

続きを読む

おみくじ

おみくじは結ぶor持ち帰る?結ぶべき場所と持ち帰り後の扱い方

こんにちは、ウメジローです! 今回は、おみくじを引いた後のことについてご説明します。 神社にお参りで、多くの人がもらうおみくじ。 手軽にもらえるのがおみくじの魅力ですが、もらった後のおみくじはどうして…

続きを読む

駐車場

湯島天神駐車場と周辺の時間貸駐車場。料金は?初詣はどこにとめる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神近くのおすすめ駐車場についてご紹介します。 江戸情緒あふれる、都心の湯島天神。 家族そろってのお参りなら、車で行きたいと考えることもあるでしょう。 実は湯…

続きを読む

金運

金運にご利益のある神社は湯島天神?勝負にまつわる神さまと宝くじ

こんにちは、ウメジローです! 4話連続で、湯島天神のご利益についてご紹介します。 3回目は、金運についてです。 「もっとお金が欲しいなぁ…」給料明細を見てため息をついていたりしませんか? 金運を上げた…

続きを読む