湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

行事

夏越の祓の茅の輪くぐりの意味。正しいくぐり方と湯島天神の茅の輪

投稿日:2017年6月8日 更新日:

茅の輪

こんにちは、ウメジローです!
今回は、茅の輪(ちのわ)についてご説明します。

夏になると、神社の社殿の前に設置される、大きな輪っか・茅の輪。
地域によっては、夏と年末年始の2回、または一年中設置されているところも。

茅の輪神事は、茅の輪くぐりともいわれ、輪っかをくぐる儀式です。
それにしても、なぜ茅の輪をくぐるのでしょう?

茅の輪くぐりの意味と由来、正しいくぐり方についてご説明します。

スポンサーリンク
  

夏越の祓の茅の輪くぐりの意味

茅の輪とは

茅の輪は、茅(かや:イネ科の植物チガヤ・ススキの総称)を束ねて作った、直径2.5~3mくらいの大きな輪です。
年末年始に設置される茅の輪は、時期的に茅が手に入らないため、稲藁で作られることがあります。

茅の輪は、大祓(おおはらい)という神事にあわせて、設置されます。
大祓は、年に2回あって、6月末日の夏越(なごし)の大祓と、12月末日(大晦日)の師走(しわす)の大祓です。大祓の呼び方はいろいろあります。
夏越の祓については、こちら

多くの神社では、夏越しの祓のときに茅の輪が使用されます。

茅の輪の意味

茅の輪をくぐりは、輪をくぐって病気や罪けがれをはらい清め、病気の流行しやすい夏をのりきれるように、神さまの力をもらうという意味があります。

茅の輪の由来

茅の輪のはじまりは、日本神話の中の、須佐之男命(すさのおのみこと:ヒーローのような神さま)にまつわる、蘇民将来(そみんしょうらい)の伝説にあります↓

旅をしていた須佐之男命が、一晩泊めてもらう宿を探していました。
裕福な弟、巨旦将来 (こたんしょうらい)は拒んで泊めてあげませんでした。貧しい兄、蘇民将来は、できる限りの厚いもてなしをしました。

須佐之男命は、お礼として茅で作った小さな輪を蘇民将来に渡し、茅の輪には、病気をはらいのける力があると教えました。

のちに病気が流行したとき、巨旦将来の家族は滅び、蘇民将来の家族は助かり末永く栄えました。

この伝説から、人々は病気が流行すると、「自分は蘇民将来の子孫だ」と唱えて、茅の輪を身に付けるようになります。
江戸時代に、現在のような大きな茅の輪をくぐる神事へと発展し、広まりました。

スポンサーリンク

茅の輪くぐりの正しいくぐり方

茅の輪のくぐり方

  1. 茅の輪の前で一礼
  2. 左足でまたいで輪をくぐり、左にまわって茅の輪の前に戻ります
  3. 茅の輪の前で一礼
  4. 右足でまたいで輪をくぐり、右にまわって茅の輪の前に戻ります
  5. 茅の輪の前で一礼
  6. 左足でまたいで輪をくぐり、左にまわって茅の輪の前に戻ります
  7. 茅の輪の前で一礼
  8. 左足でまたいで輪をくぐり、まっすぐに神前にすすみ、お参り(二礼二拍手一礼)します。

文章だけだと、ちょっとわかりにくいかな…?
動画を作ってみました↓

茅の輪くぐり

この3点がポイントですね↓

  • 左→右→左の順番でまわる。
  • まわる方向の足でまたぐ。
  • 茅の輪の前では、必ず一礼。

くぐり方を間違えたからダメということはなく、くぐることに意味があります!
あまり重く考えなくても大丈夫ですよ^^

神社の夏越の祓の祭典に参加すると、神職の方を先頭にして参拝者全員でくぐるので心配ありません。

くぐりながら、祝詞(のりと:祈りの文章)をあげたり、蘇民将来と唱えたりする神社もありますが、神社によって作法が異なるので、確認してください。

湯島天神で茅の輪くぐりをするには

湯島天神の茅の輪は、6月20日頃から30日まで、社殿前に設置されます。

大祓の祭典の日以外は、わりと空いていて、ゆっくり茅の輪くぐりができます。
祭典の時間帯は、とっても混みます!
参拝者(途中で区切ります)が列になったままくぐるので、くぐり終わるまでそれなりに時間もかかります。

自分のペースで茅の輪くぐりをしたいのならば、祭典の時間を避けましょう。
ゆっくりでも、お祓いを受けてからくぐりたいのなら、ぜひ祭典に参列してみましょう。

湯島天神大祓式祭典(夏越の祓)

  • 6月30日
  • 15:00~ 受付
  • 17:00~ 祭典

湯島天神の夏越の祓の祭典当日については、こちら

茅の輪のまとめ

茅の輪について、まとめます↓

  • 茅の輪とは、茅を束ねた輪で神具の1つ。
  • 茅の輪は、無病息災を願ってくぐる。
  • 茅の輪の起源は、日本神話に由来する。
  • 茅の輪のくぐり方は、左→右→左の順番
  • 湯島天神では6/20頃~6/30に茅の輪が設置される。

現代でも、夏場は、食あたりや熱中症や夏バテなど、病気や疲労が多い時期です。
茅の輪を見つけたら、ぜひくぐってみて、熱い夏を健康で元気に過ごしてくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

屋台

湯島天神初詣の屋台!営業時間はいつまで?毎年出店のおすすめ屋台

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の初詣の屋台についてご紹介します。 東京の湯島天神は、学問の神さまで有名な神社です。 初詣には、地元の人はもちろんのこと、遠方からもたくさんの人が訪れます…

続きを読む

湯島天神例大祭

湯島天神の例大祭での催しと見どころは?おすすめの限定授与品

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の例大祭の催し物についてご紹介します。 湯島天神の例大祭は、神幸祭やお神輿が町内を廻ることで有名ですが、境内でもお祭りの催し物があるんですよ! 例大祭の期…

続きを読む

手書き梅紋

師走大祓の祭典湯島天神での日程は?形代人形と初穂料とおさがり

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の師走大祓についてご紹介します。 大祓の神事を知っていますか? 12月の終わりに、神社で行われる祭典です。 湯島天神でも、大祓の神事が行われます! 神事の…

続きを読む

人形・形代

ひとがた・形代の意味と由来。大祓の書き方とやり方。湯島天神の形代

こんにちは、ウメジローです! 今回は、人形(ひとがた)と形代(かたしろ)についてご説明します。 半紙のような薄い和紙でできた、人の形をした紙、知っていますか? スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」…

続きを読む

初詣

湯島天神初詣2019!参拝時間はいつからいつまで?アクセスに注意して

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の初詣についてご紹介します。 学問の神さまで有名な、東京の湯島天神の初詣は、学生さんをはじめ、その家族や地元の人たちで、毎年とても賑わいます。 「今年は家…

続きを読む