湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

行事

夏越の祓は湯島天神に行きたい!当日のスケジュールと神事の流れ

投稿日:2017年6月11日 更新日:

夏越の祓

こんにちは、ウメジローです!
今回は、湯島天神の夏越の祓の当日のスケジュールについてご紹介します。

6月末日に、夏越の祓の神事が湯島天神で行われます。

「行ってみたい!」と思っても、はじめてだと、どうやって参加したらいいのかわかりませんよね。

夏越の祓の祭典当日は、どんな流れで神事が行われるのか、具体的な体験談を含めてご紹介します。
お出かけ前に読んでください。

スポンサーリンク
  

夏越の祓の神事に湯島天神で参列するには

夏越の祓とは、半年間の気づかないうちに犯してしまったあやまちや穢れ(けがれ:不浄な状態のこと)を祓い清め、夏を元気に過ごせるように、無病息災をお願いする神事です。

湯島天神では、毎年6月30日に、本殿の前で行われています。

湯島天神大祓式祭典(夏越の祓)

  • 6月30日
  • 15:00~17:00 受付
  • 17:00~     祭典

参列するために、とくに資格も予約も必要ありません。直接神社に向かってください。
ただし、受付がとても混み合いますから、時間に余裕を持って出かけましょう。
当日の受付を短縮する方法は、こちら

当日のスケジュールと神事の流れ

湯島天神の夏越の祓の神事の内容は、主に3つです↓

  • 形代でのお祓い
  • お祓いと祝詞(のりとそうじょう:祈りの文章を読み上げること)
  • 茅の輪くぐり

時系列で神事の流れをご紹介していきますね。

祭典が始まる前

神社に着いたら、受付をします。
受付では、初穂料をお納めし、住所や名前を書きます。
受付場所や初穂料については、こちら

形代をもらいます。

夏越の祓

各自で形代に名前と年齢を書き、息を吹きかけて、罪けがれを移し替えます。
形代は、受付で納めます。
くわしい形代のやり方は、こちら

また、神拝詞(しんぱいし:祝詞が書かれた紙)、切麻(きりぬさ:紙吹雪の紙のような1cm角くらいの紙)をもらいます。祭典で使うものです。

うちわももらいました♪
蒸し暑い日だったので、とても助かりました。

うちわ

祭典が始まるまで、境内で待ちます。

祭典が始まる少し前になると、準備が始まります。
茅の輪の前に台が置かれ、祭典が終るまではくぐれなくなります。
結界(縄が張ってある場所)が張られているところは、「立入らないでください」という意味です。気を付けてください。

神職の方がお話しをしてくれます。
このころには、人がとても集まってきています。
やっぱり皆さん、少しでも前へ前へ…と集まります(-ω-)最前列で神事を見たいのなら、早めに来ましょうね。

スポンサーリンク

祭典

はじめに、参列者の皆さんのお祓いがあります。
参列者は頭を下げて、神主さんにお祓いをしてもらいます。

祝詞奏上をします。
この祝詞は、神主さんだけが読み上げるのではなく、参列者みんなで声を出して読むんです!
受付でもらった神拝詞を見ながら読みます。祝詞は読み慣れていないので、なかなか難しいです(´・ω・`)

切麻をまきます。
受付でもらった切麻を、自分にふりかけます
自分の左側→右側→左側の順番です。神主さんが指示をしてくれるので、わからなくても大丈夫です。
切麻は、大麻のようにお祓いをする道具の1つで、ふりかかった人や物の穢れをとります。下に落ちると効果があるそうです。…ということは、拾わないほうがいいですね!

夏越の祓

代表の人たちが、玉串(たまぐし:さかきの枝)をお供えします。
神主さんに合わせて礼をして、祭典は終了です。

祭典が終った後

茅の輪の前の祭壇などを片付けている間、神主さんが、茅の輪くぐりや夏越の祓にまつわるお話をしてくれます。
形代をお焚き上げした後、浦安から東京湾へと流すことも教えてくれました。

片づけが終ると、参列者は列になって、茅の輪くぐりをします。
茅の輪くぐりについては、こちら

1周くぐり終わったら、2周目。2周目をくぐり終わったら3周目…とくぐります。
一人でくぐるより、時間はかかります。

くぐり終わったら、まっすぐに本殿に進み、神さまに2礼2拍手1礼でお参りします。

お参りが終ったら、巫女さんからお神酒を一口いただきます。
おさがりにペットボトルのお茶ももらえます。切麻の入っていた袋が、おさがりの引換券になっています。

人数が多かったとき、茅の輪くぐりの前にお神酒をもらう人たちもいたような…?
祭典のときに、参道の両側にいた人たちは、先にお下がりをもらい、正面にいた人たちは、先に茅の輪くぐりをしました。(7/1追記)

これで夏越の祓は終了です!
きちんと時間を計ったことはないのですが、30分くらいだったかな…そんなにかかっていないかも…?今度しっかり計ってきますね~

祭典の時間は約30分。列に並びながら茅の輪をくぐるのに約10分。お参りまで約10分。合計約50分でした。(7/1追記)

祭典当日のスケジュールのまとめ

湯島天神の夏越の祓の当日のスケジュールについて、まとめます↓

  • 祭典は毎年6月30日
  • 受付のときに形代のお祓いをする
  • 祭典でお祓いと祝詞奏上
  • 祭典が終ったら茅の輪くぐりをする
  • 茅の輪くぐりが終ったら、お参りをしてお神酒をもらう

切麻は紙吹雪みたいでキレイですし、みんなそろって茅の輪くぐりをするので、参列者の間で一体感が生まれるような気がします(^^)

お祓いが終わると、すっきりした気分に!これから来る夏が楽しみになります♪

ぜひ、湯島天神の夏越の祓、参列してみてくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人形・形代

ひとがた・形代の意味と由来。大祓の書き方とやり方。湯島天神の形代

こんにちは、ウメジローです! 今回は、人形(ひとがた)と形代(かたしろ)についてご説明します。 半紙のような薄い和紙でできた、人の形をした紙、知っていますか? スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」…

続きを読む

神幸祭

神幸祭の行われる意味と見所は?東京都内でも見ることができる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、神幸祭について、ご説明します。 神社のお祭りのポスターに「神幸祭(しんこうさい)」と書かれていたり、ニュースで「○○神社の神幸祭が行われます」と報道されたり。 「…

続きを読む

手書き梅紋

師走大祓の祭典湯島天神での日程は?形代人形と初穂料とおさがり

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の師走大祓についてご紹介します。 大祓の神事を知っていますか? 12月の終わりに、神社で行われる祭典です。 湯島天神でも、大祓の神事が行われます! 神事の…

続きを読む

湯島天神例大祭

湯島天神の例大祭の神幸祭と神輿渡御の違い。スケジュールは?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の例大祭の神幸祭とお神輿についてご紹介します。 湯島天神の例大祭では、神幸祭と神輿渡御が行われます。 しかし、毎年見られるわけではないのです。 「神幸祭を…

続きを読む

初天神

初天神とは?初天神にまつわる落語のあらすじと湯島天満宮の初天神

こんにちは、ウメジローです! 今回は、初天神についてご紹介します。 暦に初天神と書いてあったり、初天神祭が行われる神社があったり。 意味を知らないと「初天神って何?」って思いますよね。 初天神の意味に…

続きを読む