湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

基本情報

健康にまつわるご利益がある神社湯島天神。健康祈願と病気平癒と安産

投稿日:2017年6月25日 更新日:

ご利益

こんにちは、ウメジローです!
4話連続で、湯島天神のご利益についてご紹介します。
4回目は、健康にまつわる祈願についてです。

「病気のおじいちゃんが良くなるように、神社にお願いに行きたい」
「初めて赤ちゃんを産む友達に、安産のお守りをあげたい」

自分の健康はもちろんですが、大切な人のためにお参りがしたいことってありますよね。

身体に関わることをお願いするのなら、東京のパワースポット湯島天神へ。

湯島天神に健康のご利益がある理由と、健康祈願のために湯島天神でできることをご紹介します。

スポンサーリンク
  

健康にまつわるご利益とは

健康祈願とは、心と体が健やかであるように、神さまにお願いすることです。
健康にまつわる祈願には、身体健全・無病息災・病気平癒・安産祈願などがあります。

  • 身体健全…身体が健康であるようにお願いすること
  • 無病息災…病気や災害がないようにお願いすること
  • 病気平癒…病気が治って回復するようにお願いすること
  • 安産祈願…赤ちゃんが安全に生まれてくるようにお願いすること

厄年は、体調の変化が起こりやすい年齢のときという説もあります。
災難を避けて、無事に過ごせるようにお願いする厄除けも、ある意味、健康にまつわるお願いなのかもしれません。

勉強、仕事、遊び、何をするにしても、元気な体があってこそ、やりたいことができるのです。
健康は、いつの時代も、誰もが望む願いです。

湯島天神の神さまと健康運

湯島天神にまつられている天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)は、力や運動を司る神さまです。体力向上や勝負運を授けてくれます。
体力をつけて、病気やケガを克服したり、赤ちゃんを産んだりと、ここ一番のときに力を貸してくれます。
天之手力雄命については、こちら

湯島天神にまつられているもう1人目の神さま、菅原道真公は、生前、子だくさんでした。なかなか子供が成人するまで生きられない時代に、ほとんどの子どもが立派な大人に成長しました。

また、江戸時代の寺子屋(てらこや:読み書きや計算を教えた施設)には、必ず天神さまの掛け軸がかけられたり、神棚がまつられたりしていました。
そのために、道真公は子どもを見守る神さまとしても有名です。
菅原道真公については、こちら

健康祈願のために湯島天神でできること

お守り

湯島天神では、お守りをもらうことができます。

  • 身体健全お守          500円
  • 健康お守            500円
  • 厄除お守(お守りお札のセット) 1200円
  • 病気平癒お守(桐箱入)     1000円
  • 安産お守            800円

上の3種(身体健全・健康・厄除)は、それぞれ暖色系寒色系の2色があります。
下の2種(病気平癒・安産)は、薄いピンク色で、梅の花刺繍がされています。柔らかくて優しい感じがします(*´ω`*)

スポンサーリンク

いち押しは、病気平癒お守。

病気平癒お守

他のお守りよりも一回り大きくて、厚みがあり、ふっくらしています。
金の箔押しがされた桐箱に、お守の持ち主の名前を書いてくれます。

病気の人へのプレゼントにも、ぴったりです。

ご祈祷

身体健全・病気平癒・安産祈願のご祈祷を受けることができます。

ご祈祷を受けると、お札とお守りがもらえます。
納める初穂料によっては、梅干しや延命茶などのお下がりがもらえることもあります。

ご祈祷を受けたくて、お守りも欲しいと思っているなら、先にご祈祷を受けましょう。お守りなどの授与品は、ご祈祷の後にもらえる可能性があります。
ご祈祷の受け方については、また別の機会に説明しますね。

撫で牛

撫で牛とは、うずくまった牛の像で、自分の体の悪いところと同じ部分をなでると、病気が治るとされています。
撫で牛についてはこちら

湯島天神には、手水舎(ちょうずや:手を洗うところ)の横に2匹の牛の像があります。
たくさんの人になでられて、ツルツルしています。
お参りに行ったら、ぜひなでてみてください^^

健康祈願のご利益のまとめ

湯島天神の健康のご利益について、まとめます↓

  • 健康にまつわる祈願には、身体健全・無病息災・病気平癒・安産祈願などがある
  • 湯島天神の神さま天之手力雄命は、体力向上や勝負の神さま
  • 湯島天神の神さま菅原道真公は、子どもを見守る神さま
  • 湯島天神では、お守りとご祈祷を受けることができる
  • 湯島天神には、撫で牛がある

体調がすぐれないときは、お祭りなどの混雑を避けて、ゆっくりお参りしてくださいね。
比較的すいている平日がおすすめです。

あなたもあなたの大切な人も、健康になって、元気に過ごせますように。

おわり。

スポンサーリンク

-基本情報
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

絵馬

絵馬の書き方は正しい?由来は?湯島天神で書いて奉納してみたよ!

こんにちは、ウメジローです! 今回は、絵馬の書き方についてご紹介します。 神社の境内には、願い事の書かれた絵馬がたくさんかかっていて、見事ですよね。 「絵馬を書いてみたい!」と思っても、書き方がよくわ…

続きを読む

お守り 返す

お守りやお札を返すタイミングはいつ?返納方法と湯島天神の場合

こんにちは、ウメジローです! 今回は、お守りやお札の返し方について、ご説明します。 「受験に無事合格した!合格祈願でもらったお守りは、どうしたらいいの?」 「お祓いでもらったお札は、1年後に同じ神社に…

続きを読む

おみくじ

おみくじは結ぶor持ち帰る?結ぶべき場所と持ち帰り後の扱い方

こんにちは、ウメジローです! 今回は、おみくじを引いた後のことについてご説明します。 神社にお参りで、多くの人がもらうおみくじ。 手軽にもらえるのがおみくじの魅力ですが、もらった後のおみくじはどうして…

続きを読む

アクセス

湯島天神へのアクセス電車とバスでの行き方。最寄り駅とバス停の地図

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神への公共交通機関(電車やバス)を使ったアクセス方法についてご紹介します。 学問の神様で有名な、東京の湯島天神。 地元の人はもちろん、遠方からもたくさんの人…

続きを読む

駐車場

湯島天神駐車場と周辺の時間貸駐車場。料金は?初詣はどこにとめる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神近くのおすすめ駐車場についてご紹介します。 江戸情緒あふれる、都心の湯島天神。 家族そろってのお参りなら、車で行きたいと考えることもあるでしょう。 実は湯…

続きを読む