湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

こどものお参り

お宮参りとは?神社はどこでもいいの?お宮参りの神社の選び方

投稿日:2017年7月26日 更新日:

お宮参り

こんにちは、ウメジローです!
今回は、お宮参りについてご説明します。

お子さんのご誕生、おめでとうございます!

お子さんが生まれると、さっそくお宮参りの話が持ち上がります。
でも、はじめてのお子さんだと、「お宮参りってなに?」って思いますよね。

お宮参りに行く理由や、どこの神社に行ったらいいのかなど
お宮参りの基本を知っておきましょう。

お宮参りは地域によって作法が違うので、あくまでも1つの例として、
参考にしてもらえればうれしいです。

スポンサーリンク
  

お宮参りとは?

お宮参りとは、赤ちゃんが、生まれてはじめて神社(お寺)にお参りすることです。

神社では、無事に生まれたことを感謝して、これから健やかに成長できるように、祈願します。
新しい家族を神さまに紹介する、ご挨拶でもあります。

お宮参りのときは、神社でご祈祷を受けるほか、家族で記念撮影をしたり、会食をしたりする家庭も多いです。
湯島天神でのお宮参りについては、こちら

お宮参りに行く時期

  • 男の子…生後31日目(または32日目)
  • 女の子…生後33日目

生まれた日を1日目と数えます

とはいっても、赤ちゃんとお母さんの体調がいちばん大切!

家族が集まれる週末にしたり、お天気の良い日を選んだり。
無理のない日に、お参りしましょう。

また、里帰り出産をしていて時期が合わなかったり、真夏や真冬は赤ちゃんを外に連れ出すことが不安になったりすることもあるでしょう。

そのような、長期にわたって日にちが合わないときも、ぜったいに無理は禁物。
日を改めて、遅くても6か月後くらいまでにお参りにいけばいいと思います。

お宮参りの神社はどこでもいいの?

氏神さまと産土さま

お宮参りに行く神社は、赤ちゃんにとっての氏神(うじがみ)さまの神社になります。
しかし、産土(うぶすな)さまの神社という説もあります。

違いは…?

まずは、それぞれの神さまについて、ご説明します↓

  • 氏神さま

    氏神神とは、地域ごとにまつられている神さまです。
    その特定の地域に住む人たちを、氏子(うじこ)といいます。

    もともとは、氏族(祖先が同じ血縁の人々)がまつっている神さまのことでした。

  • 産土さま

    産土神とは、生まれた土地の神さまです。
    その土地で生まれた人を、一生守ってくれます。

昔と今

昔は、ほとんどの人が、一生同じ土地に住み続けました。
ですから、氏神さまと産土さまは、同じ神さまだったのです!

ところが現在は、引っ越しが簡単になり、里帰り出産もあり、病院での出産も多くなり…
生まれた土地と住む土地が違う人のほうが、多くなりました。

引っ越しをすると、氏神さまは変わりますが、産土さまは変わりません。

スポンサーリンク

また、明治時代は、神社が戸籍を管理していましたから、
お宮参りは、その土地の一員(氏子)になることを認めてもらう儀式でもありました。

現在では、市区町村役場へ出生届を出しますね。
ちなみに提出先は↓

  • 父または母の住所地(住民登録をして住んでいる市区町村)の役所
  • 父母の本籍地の役所
  • 子の出生地(出産した病院の市区町村)の役所
  • 旅行中・里帰り出産の場合、滞在地(何のゆかりもない土地)の役所

氏神さまや産土さまと、共通する部分がありますね♪

お宮参りの神社の選び方

歴史的な背景も考えると、お宮参りにふさわしい神社は…↓

  • 赤ちゃんがこれから住む土地の神社

    自宅から近い神社です。

    お宮参り以降も、気軽にお参りできます。
    お祭りの情報も入ってきますし、赤ちゃんと神社にお散歩もできますから、より身近に感じる神社となるでしょう。

  • 赤ちゃんのご先祖が関わってきた土地の神社

    お父さんの実家の皆さんがお参りしている神社や、お母さんの実家の皆さんがお参りしている神社です。

    赤ちゃんの戸籍が入っている家のしきたりを、重んじる傾向があります。
    ご家族でよく相談して決めましょう。

  • 赤ちゃんが生まれた土地の神社

    病院で出産したのなら、病院から近い神社、自宅で出産したのなら、自宅から近い神社になります。

    病院に通うたびに、病院近くの神社にお参りしていたというお母さんは、産土さまに親しみがあることでしょう。
    そのようなママは、産土さまにお宮参りすると、気持ちがすっきりすると思います。

  • お父さんお母さんの思い入れのある神社

    お父さんお母さんが結婚式を挙げた神社や、毎年初詣に行っている神社など、
    崇敬(すうけい)神社に行くのもいいですね。

    崇敬神とは、土地や血縁に関係はないけれど、個人的に信じている神さまのことです。

ご祈祷を受けたいのならば、神主さんがいる神社に行きましょう。
ご挨拶だけでいいのなら、無人の神社でもいいでしょう。

土地の神さまを調べる方法は2つ。

引っ越しをして氏神さまを知りたいときにも、同じように調べます。

最近は、町内会と縁が薄い地域も増えましたし、宗教の自由もありますから、神社庁をとおして聞くのが、いちばんいい気がします(;´・ω・)

お宮参りのまとめ

赤ちゃんのお宮参りにふさわしい神社について、まとめます↓

  • これから住む土地の神社
  • ご先祖が関わってきた土地の神社
  • 生まれた土地の神社
  • パパママの思い入れのある神社

両家のしきたりや、地域のしきたりなど、いろいろな大人の意見があると思いますが、
お宮参りは赤ちゃんのためのお参りです。

長距離移動や、荒れた天気の日のお出かけは、赤ちゃんの負担になってしまいます。

赤ちゃんの体調をいちばんに考えて、お宮参りにぴったりの神社を選んであげてくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-こどものお参り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七五三

湯島天神の七五三の初穂料はいくら?予約は必要?写真はどうする?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の七五三のおまいりについてご紹介します。 お子さんの七五三、おめでとうございます! 初めてお子さんが七五三を迎えるとなると、何をしたらいいか迷ってしまいま…

続きを読む

ランドセル お守り

小学校入学祝いのプレゼントにぴったり!ランドセルのお守りとは?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、ランドセルのお守りについてご紹介します。 「さ~くらさいたら、1ねんせ~い♪」(え、古い?) 新学期に小学校へ入学するお子さんは、もぅドキドキワクワクが止まらない…

続きを読む

祝い膳

湯島天神でのお宮参り後に食事がしたい!個室有お祝い膳対応のお店

こんにちは、ウメジローです! 今回は、お宮参り後の会食にぴったりな、湯島周辺のお食事処についてご紹介します。 お子さんのご誕生、おめでとうございます! お宮参りにあわせて、家族で会食をする予定はありま…

続きを読む

七五三

七五三のお祝いは何をする?便利な神社のセットと湯島天神のサービス

こんにちは、ウメジローです! 今回は、七五三のお祝いの準備についてご紹介します。 お子さんの七五三、おめでとうございます! お祝いの準備は進んでいますか? 初めてお子さんが七五三を迎えるとなると、うれ…

続きを読む

お宮参り

湯島天神のお宮参りの初穂料はいくら?予約は必要?写真も撮りたい!

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神のお宮参りについてご紹介します。 お子さんのご誕生、おめでとうございます! 赤ちゃんの、はじめてのおまいり。 とどこおりなく、準備万端でのぞんであげたいで…

続きを読む