湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

行事

湯島天神の師走大祓に行きたい!当日の神事の流れと夏越の祓との違い

投稿日:

手書き梅紋

こんにちは、ウメジローです!
今回は、湯島天神の師走大祓の当日のスケジュールについてご紹介します。

12月末日大晦日に、師走大祓の神事が湯島天神で行われます。

「行ってみたいな…」と思っても、はじめてだと参加方法がわからなくて、ためらってしまいますよね。

師走大祓の祭典は、どんな流れで神事が行われるのか、時系列に沿ってご紹介します。
お出かけ前に読んでくださいね。

スポンサーリンク
  

湯島天神の師走大祓の祭典に参列するには

師走大祓とは、半年の間に、知らず知らずのうちに犯してしまったあやまちや穢れ(けがれ:不浄な状態のこと)を祓い清め、新しい年を清らかな心と体で過ごせるように、神さまへお願いする神事です。

湯島天神では、毎年12月31日の大晦日に、本殿の前で行われています。

湯島天神大祓式祭典(師走大祓)

  • 12月31日
  • 15:00~17:00 受付
  • 17:00~   祭典

参列するための資格や予約は、まったく必要ありません。直接神社に向かいましょう。
ただし、直前は受付がとても混み合います。時間に余裕を持って出かけましょう。
当日の受付を楽にする方法は、こちら

当日のスケジュールと神事の流れ

湯島天神の師走大祓の祭典の内容は、主に2つです↓

  • 形代でのお祓い
  • お祓いと祝詞(のりと:祈りの文章)奏上(そうじょう:読み上げること)

時系列で祭典の流れをご紹介していきますね。

祭典が始まる前

神社に着いたら、受付をします。
受付では、初穂料をお納めし、住所や名前を書きます。
受付場所や初穂料については、こちら

形代をもらいます。
各自で形代に名前と年齢を書き、息を吹きかけて、罪けがれを移し替えます。
形代は、受付で納めます。
形代のやり方は、こちら

また、神拝詞(しんぱいし:祝詞が書かれた紙)、切麻(きりぬさ:紙吹雪の紙のような1cm角くらいの紙)も、もらいます。祭典で使うものです。

祭典が始まるまで、境内で待ちます。

祭典が始まる少し前になると、神職の方がお話しをはじめてくれます。
毎年、世間で話題になっていることと絡めた内容で、とてもためになるな~と思って聞いています(*‘ω‘ *)

このころには、人がとても集まって、本殿前がぎゅうぎゅうになっています。
最前列で神事を見たいのなら、早めに来ましょう。

スポンサーリンク

祭典

はじめに、参列者の皆さんのお祓いがあります。
参列者は頭を下げて、神主さんに大麻(おおぬさ:白いシャラシャラした棒)でお祓いをしてもらいます。

祝詞奏上をします。
湯島天神の大祓の祝詞は、神主さんだけが読み上げるのではなく、参列者みんなで声を出して読むんです♪
受付でもらった神拝詞を見ながら読みます。

はじめてだと難しいと感じるかもしれません。また「間違えたら恥ずかしい…」と思うかもしれません。

でも大丈夫!
言霊(ことだま:言葉に宿る霊力)は、言葉を発することに意味があります。丁寧に心を込めて読めばOKです^^

奏上が終わったら、切麻をまきます。
受付でもらった切麻を袋から出して、自分にふりかけます
自分の左側→右側→左側の順番です。指示をしてくれるので、わからなくても大丈夫です。
切麻は、大麻のようにお祓いをする道具の1つで、ふりかかった人や物の穢れをとります。下に落ちると効果があるとされています。…ですから、拾わないでくださいね!

代表の方が玉串(たまぐし:さかきの枝)をお供えします。
神主さんに合わせて礼をして、祭典は終了です。

祭典にかかる時間は、約30分くらいです。

夏越の祓との違い

夏越の祓のときは、祭典のあとに、茅の輪くぐりがあります。
茅の輪くぐりについては、こちら

12月の大祓でも茅の輪くぐりがある神社もありますが、湯島天神ではありません
祭典が終ったら、各自本殿にお参りします。

それから、夏の17時はまだ明るいのですが、冬の17時はもう真っ暗!

境内のいたるところで、お正月の屋台や特設会場の準備が行われています。いつもより境内がせまくなっていますし、器材などが置いてあることもありますから、くれぐれも足元に気をつけてくださいね。

祭典当日のスケジュールのまとめ

湯島天神の師走大祓の当日のスケジュールについて、まとめます↓

  • 祭典は毎年12月31日
  • 受付のときに形代のお祓いをする
  • 祭典でお祓いと祝詞奏上

参列者みんなでの祝詞奏上は、一体感があって、おごそかな気持ちになります(^^)

お祓いが終わると、新年はもうすぐそこですよ♪

湯島天神の師走大祓、ぜひ参列してみてください。

おわり。

スポンサーリンク

-行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

神幸祭

湯島天神の例大祭の神幸祭に行ってきた!どんな行列?見どころは?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の神幸祭について、レポートします。 湯島天神の例大祭の神幸祭に行ってきました! よく晴れた日で、とってもステキな行列を見ることができましたよ♪ どんな行列…

続きを読む

茅の輪

夏越の祓の茅の輪くぐりの意味。正しいくぐり方と湯島天神の茅の輪

こんにちは、ウメジローです! 今回は、茅の輪(ちのわ)についてご説明します。 夏になると、神社の社殿の前に設置される、大きな輪っか・茅の輪。 地域によっては、夏と年末年始の2回、または一年中設置されて…

続きを読む

夏越の祓

夏越の祓の祭典湯島天神での日程は?茅の輪くぐりと形代とおさがり

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の夏越の祓についてご紹介します。 夏越の祓の神事を知っていますか? 6月の終わりに、神社で行われる祭典です。 湯島天神でも、夏越の祓の神事が行われますよ!…

続きを読む

梅まつり

湯島天神の梅まつりの見頃と開花状況。夜はライトアップされる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の梅まつりの見頃についてご紹介します。 湯島天神には、美しい梅園があります。 梅園の梅が咲きほこる時期にあわせて開催されるのが、梅まつり。 約1か月の間に…

続きを読む

初詣

湯島天神初詣2019!参拝時間はいつからいつまで?アクセスに注意して

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の初詣についてご紹介します。 学問の神さまで有名な、東京の湯島天神の初詣は、学生さんをはじめ、その家族や地元の人たちで、毎年とても賑わいます。 「今年は家…

続きを読む