湯島を愛する管理人ウメジローによる、地域案内サイトです。

基本情報

御朱印を湯島天神でもらう!受付時間と御朱印帳のデザインやサイズ

投稿日:2017年5月22日 更新日:

御朱印

こんにちは、ウメジローです!
今回は、湯島天神の御朱印についてご紹介します。

御朱印巡りや御朱印ガールなど、御朱印は、今とっても人気がありますよね。
御朱印集めをしているのなら、欠かすことのできない東京の神社の一つが、湯島天神。

湯島天神で御朱印をもらうときの受付時間や場所、湯島天神の御朱印帳のデザインやサイズなど、御朱印をもらいに行く前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

御朱印を湯島天神でもらおう

湯島天神は、都内でも有数の古い神社です。約1500年前に建てられたと伝えられています。

湯島天神は建てられてから、ほとんど場所を移動していません。
江戸時代の都市計画や東京大空襲などがあった都内では、移転していない神社はとても珍しいのです。

学問の神様、菅原道真公がまつられていて、合格祈願をする受験生や修学旅行生から絶大な人気があります。
また、江戸っ子の地元の皆さんに愛され続けている神社です。

ふだんはゆったりとした静かな雰囲気の神社ですが、受験シーズン、初詣、お祭りのときは、本当にたくさんの人がお参りに訪れます。もみくちゃになります。

できれば、御朱印の授与は、混雑している時期を避けたほうがいいかもしれません

1月25日の初天神の縁日と、2月の梅まつりの期間は、御朱印にそれぞれ「初天神」「梅まつり」というハンコが押されます。
期間限定の御朱印が欲しいときは、このときにどうぞ。

初天神についてはこちら
梅まつりについてはこちら

湯島天神の御朱印の受付時間

御朱印の授与

  • 受付時間 8:30~19:30
  • 受付場所 社殿左側、太鼓橋左横の授与所
         社殿の右側にも授与所がありますが、
         御朱印は受け付けていません。
  • 初穂料  300円

実際に、御朱印をもらってきました!

授与所で巫女さん(巫女さんの髪の毛って長くてキレイ。うっとり)に声をかけると、番号札を渡されました。しばらく待つのですね。

でも、すいているときに行ったので、すぐに番号を呼ばれました。

やったーーー!
これが御朱印ですーーー (*^^*)ジャーン

御朱印

神社の御朱印は、お寺の御朱印より、シンプルな感じがします。
すっきりしていてステキです。

それにしても、神職の方の字は、達筆ですねぇ…
こんなに上手に書けません…

御朱印と一緒に、宝物殿の割引券をもらいましたよ~♪

拝観割引券

  • 大人   500→300円
  • 高大学生 300→200円
  • 小中学生 200→100円
  • シルバー 300→200円

この券1枚で5名まで利用できるとのこと!

もし、御朱印をもらいつつ、宝物殿にも行きたいと思っているのなら、先に御朱印をもらいましょう。

いつまで使えるのかなー?
有効期限は書いてありません。

スポンサーリンク

湯島天神の御朱印帳のデザインやサイズ

御朱印集めをしていると、御朱印はもちろん、御朱印帳のデザインも気になりますよね。

湯島天神の御朱印帳は、オリジナルの梅柄とキティちゃんとのコラボの2種類。

梅柄の御朱印帳は、紫色で、光の具合によってグレーにも見えることも。紅白梅と霞の柄です。艶のある布地で、大人っぽくて、かなりかっこいいです。

キティちゃんとのコラボは、ピンク・白・黄色のグラデーションで、ふんわりとした色合いが、とってもかわいいです。
原宿の東郷神社などと同じ柄です。裏の神社名と表の「御朱印帳」の字の書体が違います。

御朱印帳

  • 初穂料 オリジナル梅柄    1500円
        キティちゃんコラボ  2000円
  • サイズ 約12 cm×18cm
  • 蛇腹式
  • ビニールカバー付き

ここは、湯島天神オリジナルの梅柄にしましたっ (`・ω・´)
大切にします~
御朱印

湯島天神の御朱印のまとめ

湯島天神で御朱印をもらうときに、注意することをまとめます↓

  • できるだけ混雑時をさける
  • 受け付けは、社殿を正面にして左側の授与所

湯島天神の周辺は、御朱印巡りをするには、ぴったりな地域です。
神田明神、五條天神社、根津神社、寛永寺など、歴史的にも文化的にも、有名な神社やお寺がたくさんあります。

もしかすると、一日で御朱印帳の半分くらいは、集まってしまうかもしれませんよ!
湯島天神周辺の神社についてはこちら

湯島天神の御朱印、ぜひ手にいれてくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-基本情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

絵馬

絵馬の書き方は正しい?由来は?湯島天神で書いて奉納してみたよ!

こんにちは、ウメジローです! 今回は、絵馬の書き方についてご紹介します。 神社の境内には、願い事の書かれた絵馬がたくさんかかっていて、見事ですよね。 「絵馬を書いてみたい!」と思っても、書き方がよくわ…

続きを読む

駐車場

湯島天神駐車場と周辺の時間貸駐車場。料金は?初詣はどこにとめる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神近くのおすすめ駐車場についてご紹介します。 江戸情緒あふれる、都心の湯島天神。 家族そろってのお参りなら、車で行きたいと考えることもあるでしょう。 実は湯…

続きを読む

牛

天神様と牛の関係。神様との繋がりは日本だけでなく世界の宗教でも!

こんにちは、ウメジローです! 今回は、天神さまと牛の関係についてご説明します。 全国の天神さまの神社には、牛の像があったり、牛の絵馬があったり。 「牛ばかりがいるな~」と思ったかもしれません。 牛は、…

続きを読む

お守り 返す

お守りやお札を返すタイミングはいつ?返納方法と湯島天神の場合

こんにちは、ウメジローです! 今回は、お守りやお札の返し方について、ご説明します。 「受験に無事合格した!合格祈願でもらったお守りは、どうしたらいいの?」 「お祓いでもらったお札は、1年後に同じ神社に…

続きを読む

笹塚稲荷神社

稲荷神社の神様とご利益は?湯島天神境内にある笹塚稲荷神社について

こんにちは、ウメジローです! 今回は、稲荷神社についてご説明します。 全国各地にたくさんある稲荷神社。 きつねがいることでも知られていますよね。 稲荷神社の神様と、そのご利益を知っていますか? 湯島天…

続きを読む