湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

行事

湯島天神の梅まつりで神輿が見たい!ルートと時間は?見どころは?

投稿日:2018年2月20日 更新日:

湯島天神 梅まつり

こんにちは、ウメジローです!
今回は、湯島天神の梅まつりのお神輿についてご紹介します。

湯島天神は、都内でも有数の梅の名所。
梅の花が咲く時期は、梅まつりが開かれています。

毎週末、イベントや奉納演芸が行われ、屋台も出て、とってもにぎわうお祭りです。

そんな梅まつりの中でも、ひときわにぎわうのが、お神輿の日。
お神輿が出るのは、約1か月のお祭り期間の、たった1日です。

梅まつりでお神輿を見逃したくないのなら、お神輿の通るルートや時間をしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

湯島天神の梅まつりの神輿

湯島天神では、神輿渡御(とぎょ:神さまのお出まし)が1年に2回行われます。
2月の梅まつりと、5月の例大祭です。
例大祭のお神輿については、こちら

神輿渡御(とぎょ:神さまのお出まし)とは、お神輿の練り歩きのこと。

お揃いの法被(はっぴ)を着たたくさんの人たちが、お神輿をかついで、「セイヤ、セイヤ」と力強い掛け声とともに、町内を練り歩きます。

梅まつりのお神輿の日程 2019年

2月24日(日) 12:30 出発
        15:00 宮入予定

25日は天神さまの縁日で、毎年2月25日前後の週末に行われます。
今年はドンピシャですね♪
天神さまの縁日については、こちら

例大祭のときは、担ぎ手のみなさんが、町内ごとにお揃いの印半纏(しるしばんてん:はっぴ)を着ています。

でも、梅まつりのときと、4年に1度の本社神輿のときは、全員がお揃いの真っ白な印半纏を着るんです!

背中に天神さまの神紋(しんもん:家紋のような神社の紋章)の梅紋が描かれていて、とってもカッコイイんですよ!

動画は浩深八重田さんからお借りしました。
お天気もよくて、とってもにぎやかですよね~!

神輿のルート

一昨年までは、表鳥居の前の、湯島天神第2駐車場からスタートしていたんですけど、去年はJR御徒町駅南口駅前にできた、パンダ広場からの出発に変わりました。

アメ横や上野広小路など、たくさんの人でにぎわうエリアをお神輿が通って、今まで以上に盛大な感じがしました^^

今年は、松坂屋前本館脇から出発となっています。
去年と違う場所からかな?

松坂屋の新館が2017年11月にリニューアルオープンしたので、変わるのかもしれません。
※2018年は、ちょっと変更になっていました。

2017年、2018年のルートです↓

スポンサーリンク

神輿の日の湯島天神境内の見どころ

神輿渡御は、約2時間。
お神輿の後をついていって、一緒に練り歩くのも楽しいです。

でも、小さい子を連れていたりすると、人混みがちょっと心配かも。

「子どもにもお神輿を見せてあげたいんだけど…」

それなら、湯島天神の境内で、お神輿が帰ってくるのを待ちましょう

宮入(みやいり:境内の中に入ること)時間は、15:00の予定。

時間はおおよその時間なので、宮入30分くらい前に神社の境内にいれば、お神輿が鳥居をくぐって、本殿前まで帰ってくるところを見ることができます。

お神輿が宮入りするまで、境内の見どころを満喫しながら待っていましょう♪

奉納演芸・イベント

2月24日は、正午からさまざまな奉納演芸やイベントが行われています。

2月24日のイベント

・青森県物産展
・花笠音頭
・フラメンコ
・佐渡おけさ
・白梅太鼓

2018年はくまもんがきてたんですけど、今年はどうかな??

屋台

境内には屋台がたくさん。
なにか食べながら待っていてもいいですね。

おすすめ屋台についてはこちら

宝物殿

時間があるときは、ゆっくり宝物殿の鑑賞するのもおすすめです。

宝物殿の1階には、湯島天神の歴代のお神輿が展示されています。
ふだんは遠くから眺めるお神輿を、すごく間近で見ることができるんですよ!

細かい装飾は、ため息がでるほどすばらしいです。部分の名前や説明のパネルも置いてあって、勉強にもなります。

地下の展示室では、絵画や芸術品が展示されています。
梅まつりの期間は、梅にまつわる作品が集められた展示です。

実は湯島天神、東京芸術大学からもすぐ近く、有名な画家たちの作品も収蔵されているんです。
湯島天神は、知る人ぞ知る芸術スポットです。

そうそう、宝物殿は、梅まつりのときは割引価格で入場できます♪
お得な機会をお見逃しなくっ。

湯島天神宝物殿 梅まつり期間

時間  9:00~17:00(入館は16:30まで)
拝観料 一般:500円→300円

梅まつりのお神輿のまとめ

梅まつりのお神輿について、まとめます↓

  • 2月25日前後の午後行われる
  • 2017年からルート変更。2018年は松坂屋本館前出発
  • 確実にお神輿を見たければ、境内で待つのもおすすめ

梅まつり2018に行ってきたレポはこちら

2018年の2月25日は、東京マラソンが開催されるので、都内はいたるところで交通規制があります。

湯島周辺は大丈夫ですが、湯島天神以外にも都内観光を予定しているのなら、気をつけてください。

2018年の東京マラソンは3月。安心してお出かけください♪(2019年2月追記)

2月の梅の香りを楽しみながらのお神輿は、5月の清々しいお神輿とは、また違った風情があります。
梅まつりのお神輿、ぜひ楽しんでくださいね^^

おわり。

スポンサーリンク

-行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

菊まつり

湯島天神の菊まつりはいつからいつまで?見どころや混雑状況は?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神で開催される「菊まつり」についてご紹介します。 菊って、一年中お花屋さんで見ることができますし、かなり身近な花ですよね。 実は、菊。 古くからたくさんの愛…

続きを読む

夏越の祓

夏越の祓の祭典湯島天神での日程は?茅の輪くぐりと形代とおさがり

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の夏越の祓についてご紹介します。 夏越の祓の神事を知っていますか? 6月の終わりに、神社で行われる祭典です。 湯島天神でも、夏越の祓の神事が行われますよ!…

続きを読む

屋台

湯島天神初詣の屋台!営業時間はいつまで?毎年出店のおすすめ屋台

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の初詣の屋台についてご紹介します。 東京の湯島天神は、学問の神さまで有名な神社です。 初詣には、地元の人はもちろんのこと、遠方からもたくさんの人が訪れます…

続きを読む

茅の輪

夏越の祓の茅の輪くぐりの意味。正しいくぐり方と湯島天神の茅の輪

こんにちは、ウメジローです! 今回は、茅の輪(ちのわ)についてご説明します。 夏になると、神社の社殿の前に設置される、大きな輪っか・茅の輪。 地域によっては、夏と年末年始の2回、または一年中設置されて…

続きを読む

節分

湯島天神の節分祭の開始時間は?豆まきに芸能人ゲストは来るの?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の節分祭についてご紹介します。 節分といったら、豆まき。 豆まきが行われる神社やお寺は、全国各地にたくさんありますよね。 中には、芸能人や著名人のゲストが…

続きを読む