湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

基本情報

天神様と牛の関係。神様との繋がりは日本だけでなく世界の宗教でも!

投稿日:

牛

こんにちは、ウメジローです!
今回は、天神さまと牛の関係についてご説明します。

全国の天神さまの神社には、牛の像があったり、牛の絵馬があったり。

「牛ばかりがいるな~」と思ったかもしれません。

牛は、天神さまにとって、重要な動物なんです。
なぜ牛が天神様にあるのか、理由をご紹介します。

スポンサーリンク

天神様と牛

菅原道真公が神さまとしてまつられている、天満宮や天神社に行くと、いたるところに牛を見つけることができます。

湯島天神の唐門の牛の彫刻↓
牛

こっちはママさん↓
牛

多くは、黒い牛です。
茶色と白の牛の場合も。
でも、ホルスタインのような、白と黒の牛はいません。

牛は、天神さまの神使(しんし:神さまのお使い)とされる動物です。

牛が天神さまのお使いとされた理由は、諸説あります。

  • 菅原道真公が生まれた年が、丑年だった。
    道真公のお誕生日は、845年6月25日と伝えられています。
  • 菅原道真公が亡くなった日が、丑月の月の丑の日だった。
    道真公の没日は、903年2月25日と伝えられています。
  • 太宰府に左遷されたときに、道真公は牛に乗って太宰府に向かった。
  • 道真公は牛を大切にしていた。

などなど。

中でも1番有名な逸話が、道真公のお墓の場所を牛が決めたというお話です。

道真公は、「人にひかせず牛の行くところにとどめよ(牛の行ったところに埋葬してくれ)」という遺言をのこしたとされます。
道真公が亡くなった後、ご遺体を運ぶ牛が座り込んで動かなくなった場所に、埋葬されました。

この場所が、太宰府天満宮です。
つまり、太宰府天満宮は、道真公のお墓ということになります。

牛は、道真公とゆかりのある動物だったから、お使いに認定されたのですね(´・ω・`)

スポンサーリンク

牛と日本の神様

牛は、古くから異本の農耕と関わってきた動物です。

稲作を手伝う乗り物としてはもちろん、ときには雨乞いのお祈りの生けにえにもなってきました。

仏教が伝わって、動物の殺生が禁止されると、人々は牛を食べることはなくなったので、牛はもっぱら、農業や運搬を手伝う動物となりました。

天神さまは、雷神としての一面もあります。
菅原道真公が天神さまになった理由はこちら

雷は、大気や雨をつかさどる、大切な自然現象です。
ですから、天神さまは農耕の神さまとしても、あがめられていました。

農業に欠かせない動物だった牛が、天神さまのお使いであると考えるようになったのは、自然なことだったのかもしれません。

牛と世界の神様

菅原道真公は亡くなった後、神さまになったわけですが、このとき「天満大自在天神(てんまんだいじざいてんじん)という神格(しんかく:神さまの地位)でまつられました。

じつは、この名前の中の「大自在天」とは、ヒンドゥー教のシヴァ神のことです。

ヒンドゥー教は、とてもとても古くから続く宗教です。

シヴァ神は、破壊と再生をつかさどる神さま。
道真公の祟りと世直しの威力が、シヴァ神と結びつき、この神格になったのでしょう。

シヴァ神は、牛に乗っている絵や像であらわされます。

牛は、シヴァ神のお使いでもあるのです。
ヒンドゥー教徒は牛を神聖な動物としてあがめていて、牛肉を食べません。

さらに、日本では、大黒さまもシヴァ神と同じ神さまとされます。

ということは、天神さま=シヴァ神=大黒さま
うーん、ちょっとややこしいですねw

なので、牛は、天神さまだけではなく、大黒さまのお使いでもあります。
撫で牛(牛の像)は、天神さまの神社だけでなく、大黒さまの神社やお寺でも、見つけることができます。
撫で牛についてはこちら

天神さまと梅のまとめ

天神さまと牛の関係について、まとめます↓

  • 菅原道真公と牛の逸話があり、牛は天神さまの神使になった
  • 太宰府天満宮の場所は、牛が決めたとされている
  • 牛は、農耕の神さまのお使いとされた
  • 牛は、ヒンドゥー教のシヴァ神のお使い

天満宮にお参りに行って牛を見つけたら、牛と神さまのつながりを思い出してみてくださいね。

おわり。

スポンサーリンク

-基本情報
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

駐車場

湯島天神駐車場と周辺の時間貸駐車場。料金は?初詣はどこにとめる?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神近くのおすすめ駐車場についてご紹介します。 江戸情緒あふれる、都心の湯島天神。 家族そろってのお参りなら、車で行きたいと考えることもあるでしょう。 実は湯…

続きを読む

お守り 返す

お守りやお札を返すタイミングはいつ?返納方法と湯島天神の場合

こんにちは、ウメジローです! 今回は、お守りやお札の返し方について、ご説明します。 「受験に無事合格した!合格祈願でもらったお守りは、どうしたらいいの?」 「お祓いでもらったお札は、1年後に同じ神社に…

続きを読む

金運

金運にご利益のある神社は湯島天神?勝負にまつわる神さまと宝くじ

こんにちは、ウメジローです! 4話連続で、湯島天神のご利益についてご紹介します。 3回目は、金運についてです。 「もっとお金が欲しいなぁ…」給料明細を見てため息をついていたりしませんか? 金運を上げた…

続きを読む

アクセス

湯島天神へのアクセス電車とバスでの行き方。最寄り駅とバス停の地図

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神への公共交通機関(電車やバス)を使ったアクセス方法についてご紹介します。 学問の神様で有名な、東京の湯島天神。 地元の人はもちろん、遠方からもたくさんの人…

続きを読む

御朱印

御朱印を湯島天神でもらう!受付時間と御朱印帳のデザインやサイズ

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の御朱印についてご紹介します。 御朱印巡りや御朱印ガールなど、御朱印は、今とっても人気がありますよね。 御朱印集めをしているのなら、欠かすことのできない東…

続きを読む