湯島天神を愛する管理人ウメジローによる、湯島天神非公認サイトです。

結婚式

結婚式を神社であげたい!神前式の流れや所要時間と湯島天神の結婚式

投稿日:

神前式

こんにちは、ウメジローです!
今回は、神社での結婚式についてご説明します。

ご結婚おめでとうございます^^

「格式のある神社で、結婚式がしたい!」

その気持ち、わかります!
白無垢や色打掛の和服を着た花嫁さん、とってもキレイですよね~

神社での結婚式に憧れているのなら、神前式の儀式の流れや、所要時間について知っておきましょう。

学問の神様で有名な東京の湯島天神でも、神前結婚式をあげることができます。
湯島天神の挙式についても、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

結婚式を神社であげるのなら神前式

神社で結婚式をあげるのなら、神前式(しんぜんしき)になります。

神前式とは、挙式のスタイルの1つで、主に神社の神殿で行われる結婚式です。
神社の他にも、結婚式場やホテルに併設されている神殿でも、行われることがあります。

結婚式のスタイルには、教会式、人前式、仏前式などがあって、現代で1番多いのは、教会式。チャペルでの結婚式です。

教会式と神前式は、どちらも結婚式ですが、ちょっと意味合いが違います。

教会式は、新郎と新婦が永遠の愛を誓い、本人たちの結びつきを重視した結婚式です。
神前式は、新郎新婦と両家の家族全員が盃をかわし、両家の結びつきを重視した結婚式です。

ですから、神前式は、基本的に親族のみが参列します。
友人たちは、会場の後ろや神殿の外で、儀式を見守ることとなります。
※例外もあります。

とはいえ、もちろん2人だけの神前式をすることもできます。

一般的な神前式の流れと所要時間

教会式は、

  • 儀式の間は私語厳禁
  • みんなで賛美歌を歌って
  • 新郎新婦退場のときに「おめでとう~」とフラワーシャワー

のように、式の進行とともに、だんだん華やかになっていくイメージがあります。

それに対して、神前式は、最初から最後まで私語厳禁の、おごそかな儀式です。

神前式の流れ

  1. 参進の儀(さんしん)
    花嫁行列のことです。
    雅楽の演奏にあわせて、行列はゆっくりと進みます。

    神殿では、神さまに向かって右側に新郎、左側に新婦が座ります。
    親族も、右側が新郎親族、左側が新婦親族です。

  2. 修祓の儀(しゅばつのぎ)
    神主さんが、参加者の皆さんのお祓いをします。
    神主さんに祓詞(はらいことば)を唱えてもらい、参列者は頭を下げお祓いを受けます。
  3. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
    神主さんが、神さまに新郎新婦の結婚の報告をします。
  4. 誓盃の儀(せいはいのぎ)
    三々九度の盃ともいわれます。
    新郎新婦が、大・中・小の3つの盃で、お神酒(おみき:日本酒)を交互に飲みます。
  5. 誓詞奏上(せいしそうじょう)
    新郎新婦が、神さまに誓いの言葉を読みあげます。
  6. 玉串礼拝(たまぐれいはい)
    玉串(たまぐし:さかきの枝)を、神さまにお供えし、二礼二拍手一礼をします。
    新郎新婦→仲人→両家代表の順番で、お供えします。
  7. 指輪の交換
    新郎新婦が指輪の交換をします。
  8. 親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)
    巫女さんが親族全員の盃にお神酒を注ぎます。
    みんなでタイミングをあわせて、3回で飲み干します。
  9. 斎主挨拶
    神主さんが、結婚式が無事に執り行われたことを宣言します。
  10. 退場
    入ってきたときと同じ順番で、退場します。

神前式の所要時間

多くの場合、30分~1時間くらいです。

会場の大きさや、参列者の人数によっても変わります。

スポンサーリンク

湯島天神の結婚式

湯島天神は、交通のアクセスも良く、神聖な神前結婚式ができる神社として、人気があります。

東京都内の神社で結婚式を考えているのなら、ぜひ1度検討してもらいたい、おすすめの神社です。

湯島天神の結婚式の流れ

湯島天神の結婚式の流れは、次のとおり↓

  1. 参進
  2. 修祓
  3. 祝詞奏上
  4. 誓盃三献(三々九度の盃)
  5. 誓詞奏上
  6. 玉串奉奠
  7. 指輪の交換
  8. 豊栄の舞
  9. 親族杯の儀
  10. 斎主挨拶
  11. 退出

一般的な神前式と、ほぼ同じ流れです。
所要時間は、30分くらいです。

湯島天神の結婚式の魅力

  • 雅楽の生演奏
    湯島天神の結婚式では、参進、誓盃三献、豊栄の舞、親族杯の儀、退出に合わせて、雅楽(ががく:和楽器を使った音楽)の生演奏が行われます。

    CDの音源を使った会場が多い中、生演奏を間近で聞けるのは、とっても貴重です!

  • 巫女の舞
    8番目の豊栄の舞とは、巫女さんが踊ってくれる舞のことです。

    目の前でシャララ~~と2人の巫女さんが躍る姿は、すっごくステキで、忘れられない思い出になりますよ。

  • 太鼓橋
    湯島天神の参進は、外を歩かず、社務所から本殿へかかる太鼓橋を渡ります。
    太鼓橋には、赤い毛氈(もうせん:絨毯)が敷かれていて、とってもフォトジェニック。

    この太鼓橋に憧れる花嫁も、少なくありません。
    雨が降っても参進でき、ゲストにも高評価です。

  • 総檜造りの本殿

    結婚式では、とても清々しい檜造りの立派な本殿を、2人のために貸し切ることができます。
    天井には龍が描かれ、とってもカッコイイ社殿です。

    檜の木の色は落ち着いているので、花嫁衣裳が引き立つ写真を撮ることができます。

  • 破格のお値段
    初穂料80,000円(平成30年から100,000円)

    贅沢な生演奏と神楽(かぐら:雅楽に合わせた舞)が含まれていて、都内でこのお値段は驚きです。

もちろん、衣装代や写真代など、他にも費用がかかります。

湯島天神の結婚式が気になったら、まずは神社へ資料請求を!
提携会社なども紹介してもらえます。
湯島天神の資料請求フォームはこちら

神前結婚式のまとめ

神前結婚式について、まとめます↓

  • 神社の他、結婚式場やホテルの神殿でも行われる
  • 基本的に、親族のみの参列
  • 儀式の流れは一般的に決まっている
  • 所要時間は30分~1時間

神前式の結婚式は、儀式そのものがとてもシンプルです。

私語のない中執り行われる儀式なので、おごそかな雰囲気の結婚式をあげたい人、結婚にのぞむ気持ちを静かにかみしめたい人に、おすすめです。

日本らしい結婚式ですから、国際結婚をする夫婦にも人気があります。

結婚式の準備、楽しんでくださいね~^^

おわり。

スポンサーリンク

-結婚式
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

湯島天神で結婚式をするならどの時期が人気?時間帯のおすすめは?

こんにちは、ウメジローです! 今回は、湯島天神の結婚式の時期についてご説明します。 結婚式の日取りって、かなり重要ですよね。 みんな礼服を着るので、暑すぎても寒すぎても大変です。 自分たちはもちろん、…

続きを読む